青いシリーズ②

この間の青い抹茶の購入から、青い抹茶ケーキを考案。ケーキが焼けるのを待っている間に、頭によぎったのが同じ青いモリンガ。モリンガTEAをご存知でしょうか? 栄養素だけでいうと、青汁をしのぐスーパーフードの一つで、美容・健康と共に役立つ一度食すると癖になってしまう、キング・オブ・TEAなのです。


お茶を入れるとこんな感じ


モリンガについて書き始めるとキリがないので、ちょっくら姫路百花さんのサイトを引用。


モリンガの栄養素は 90種類以上
モリンガの効能・効果は 300種類以上

と、書かれるととても気になりますね。カルシウムは牛乳の20倍、鉄分は牛レバーの20倍、ビタミンEはアーモンドの2倍、食物繊維はキャベツの20倍。


私がこのモリンガを愛飲し始めたのは、冷えから来る便秘ちゃん。これで一発で完了します。(3、4杯飲みます)。

前は、わざわざ日本から取り寄せていたのですが、スイスのCOOPでもモリンガTEAを発見。



BIOシリーズのKarmaブランドの他に、FITシリーズも。こちらのFITシリーズも私はかなりお世話になったブランドです。 買わなくてもついつい商品を、チェックしてしまうほどお気に入りブランドの一つです。 特にイチゴ味のチョコレートと、シリーズ物ではありませんが抹茶チョコレートも販売してくれています。この抹茶チョコレート、食べたうちの息子の目が2倍になるほどの旨味。日本人の抹茶好きに答えてくれる美味しさです。

なぜここまでかけるかというと、私、甘いものが苦手。その私の舌を唸らせたチョコレートがこの2種類と、他に1種類。


と、話はそれましたが、モリンガにはまだまだ凄さが秘められています。


美容とモリンガ


モリンガがスーパーフードと呼ばれるのは、何も健康のみではありません。美容においても、スーパーぶりを発揮してくれています。


抗酸化作用/エイジングケア

モリンガには、ビタミンに加えてポリフェノール、フラボノイド、アスコルビン酸などの高い抗酸化成分が含まれています。抗酸化成分には、肌細胞にダメージを与えてシミやしわの原因となる活性酸素を除去する作用があるので、エイジングケアには最適です。活性酸素とは、体の生理機能や免疫力を維持するために必要ですが、過剰に発生することで細胞を酸化させる成分。酸化した細胞は老化が早まって、体の中に十分に栄養素を取り込むのが難しくなったり、肌のメラニンが過剰生成されシミが増えたり、さらには肌の弾力を保つコラーゲンの生成がスムーズにいかずにたるみを引き起こしたりと、総じてエイジングの大敵といえます。引用元: https://www.bglenish.com/beauty/14719.html 


と、こんな感じでモリンガの美容効果を検索すると、あちらこちらで情報が手に入るほどの人気者です。


で、私の使い道と言いますと・・・


モリンガTEAを、コットンに含ませてパタパタ肌に染み込ませていきます。スイスのCOOPのモリンガTEAは、青くありませんので、気にせずパシャパシャ使っていただいても良いですよ。


いつ使う?

日焼け、雪焼けの肌を放置しておくとシミの原因となります。特に普段からお化粧をしない人は、日焼け・雪焼け後のお手入れを怠けてしまうと、ぶつぶつ黒い物体が現れてきてしまいます。


お肌の免疫にも良いとされていますので、強力なフェイスパックなどを利用した後や、強めの美顔器などでお手入れされた後などにも効果的です。


子供とモリンガ



で・・出ない・・とお尻を綿棒でクリクリしてあげたことがあるママ、多いと思います。子供であってもモリンガを進めて少しだけ飲ませてあげると、するりとあまりみたくないほど出ます。(食事中の人、すみません)


ただし、子供の場合にはアレルギーなどの心配があるので、予めかかりつけのお医者様へは一声おかけください。