子供いないデー ランチメニュー①

Updated: Sep 14

ここぞとばかりに、好きなものを作り好きなだけ食べたい子供いないデー。

残りものを食べなくていい&辛くても、しっぱいしても大丈夫な1週間のメニューはこんな感じ。

1日目 枝豆の炊き込みご飯

友人宅庭からいただいた枝豆で、枝豆の炊き込みご飯。

材料

枝豆

茗荷

ねぎ

ご飯1号

しお


これだけです。これをルクレーゼの中に全投入。お水が沸騰したら、あとは弱火で10分で完成。

枝豆も湯がかずそのまま投入。


2日目 マグロの炙りとマンゴーいらずのマンゴーサラダ


実はマグロの炙りは大好物。子供は生魚を食べないのでこの日に限って食べれるメニュー。

材料

マグロの刺身

サラダミックス

マンゴとパッションフルーツのジャム

レモン果汁

しお

故障

フライドガーリック

ねぎ



材料

マグロの刺身

サラダミックス

マンゴとパッションフルーツのジャム

レモン果汁

しお

故障

フライドガーリック

ねぎ


マンゴーパッションジャムとレモン果汁、塩胡椒を混ぜ合わせてサラダミックスにかけるだけ。

マグロは、フライパンにオリーブオイルを大さじ4ほど入れて油のみ加熱して火を止めます。 火から外したフライパンの上で、塩胡椒をたっぷりしたマグロの刺身を一周させます。

お皿の上に盛り付けたら、フライパンに残ったオリーブオイルとフライドガーリック、ネギを混ぜ合わせたものをかけたら出来上がり。

所要時間約10分ほどです。


3日目 揚げない揚げなす

FBで参加しているルクレーゼの会で教えてもらった、あげない揚げナスのレシピです。野菜ソムリエの台所様のアイデアです。クリックしていただくと、Youtubeにジャンプします。詳しくはそちらをご参照ください。私は、適当ながら料理ですので。

材料

茗荷

しそ

なす

片栗粉

ごま油

めんつゆ



通常はサラダ油を使用するそうですが、新井さんのお家はごま油派ですのでごま油を使用します。

ナスを切ったら切り口両面に片栗粉をまぶします。

フライパンにごま油を少したっぷしめに敷いたら、ナスを並べていきます。

蓋をして、様子を見ながらひっくり返し、フニャッとしてきたらお皿に並べます。

お皿に並べたら、茗荷としそのみじん切りをふりかけて出汁をかけます。これだけです。


4日目 FIT Riceとあまりものの混ぜ合わせ

どうしても食べたくて購入した、お魚のマリネ。余っちゃいましたので、フィットライスとしそと単純に混ぜて食しました。

混ぜただけご飯です。

材料

市販の魚のマリネ

しそ

FitRice

すりごま←擦っておいて冷凍庫で保管してます。





5日目 枝豆のライスコロッケ

1日目の残りをフライにしました。小麦粉→卵→パン粉の順にまぶして冷蔵庫で保管してありました。 これの決め手はソース。ソースだけは譲れない。これも混ぜるだけ。

ソースの材料

ウスターソース

とんかつソース

ニンニクのおろし

ケチャップ

すりごま





混ぜるだけです。味はお好みで変えてください。私はニンニクが大好きなのでかなりたっぷり入れます。



6日目 なんちゃって冷麺

チャプチェの麺が余っていたので、冷麺風にしてみました。ピョンスは友人が販売しているものなので、茹でて冷やしただけです。

材料

チャプチェの麺

にら

ピョンス

すりごま

スープ

鶏がらスープ

醤油

ごま油




先にピョンスを茹でて冷やしておきます。次にチャプチャの麺をゆで、これも冷やしておきます。

鍋にお水を入れ、スープの材料を全投入します。

冷蔵庫で冷やしておいた3つの材料を全部入れ合わせたら、すりごまとニラのみじん切りを振りかけます。

私は、冷凍庫で「急速冷凍」しました。



7日目 納豆グラタン

余り物の納豆、早く食べなくてはと思いながら実は心の中では「もう腐ってるやんね」と言っていました。

これも簡単です。

材料

納豆

ねぎ

余り物のパスタ←何でも良いと思います

小麦粉

バター

牛乳

胡椒

パン粉

サラダハーブ

パルメザン




まずはホワイトソースから。 フライパンにバターを入れて溶かします。バターが溶けたら、牛乳を投入。こうすると焦げないのです。 牛乳が沸沸煮え始めたら、小麦粉を投入していきます。この時一気に入れてしまうと玉になっちゃいますので、ふるいながら少しづつ入れていきます。

ソースが完成したら、納豆をそのままドボンと投入。ネギも一緒に投入します。

これと同時にパスタを茹でておきます。

茹で上がったパスタを水を切ってお皿に移動させ、その上から納豆がたっぷり入ったホワイトソースをかけます。オーブンへ入れる前に、パルメザンとパン粉、サラダハーブを混ぜ合わせたものを上からデコレーションします。

200度のオーブンで10分も入りません。パン粉の色が茶色くなったら出して終了。



月曜日の子供週ランチの準備

スイスでは子供はランチに家へ戻ってきます。在宅で仕事をしているので、なるべく仕込み料理が良いと思ってます。

材料

人参

玉ねぎ

筋肉の塊

赤ワイン

故障

小麦粉

ブイヨン

バター

パスタ

バターをたっぷりとお鍋の中に入れておきます。 玉ねぎと人参を炒め、玉ねぎが少ししんなりしてきたらお水とブイヨンを投入。この時、お水は材料がかぶるくらいにしておきます。

少しお野菜が柔らかくなったら、お肉を投入。赤ワインを思いっきり投入して沸騰させたら一旦火を切り寝かします。




人参がまだ硬いようでしたら、まだまだ煮込んでいきます。人参が柔らかくなった頃には出来上がりの写真のように、お肉がホロホロするはずですが、私の場合は待ちきれず途中でお肉を一旦取り出して

10パーツほどにカットして再投入しました。

さて翌日、さらに煮込みます。15分くらい弱火で煮込んだら、小麦粉を投入してとろみをつけます。パスタが茹で上がったら上からかけて終了。こんな感じ↓




と、今週は子供いる週ですので、子供のリクエスト週になります。夜は和風ラタトゥユだそうですので、一仕事終わったら取り組みます。