嫌な記憶が良い記憶に変身した時

今日は、私が知人の日にちを間違えた誕生日会。いつものこんな私に笑顔で「良いよ」と言ってくれる人たちに囲まれて、私、幸せ者だなとまた超ド・ポジティブシンキング。


と、そんな知人がチューリッヒにある、裏巻き屋さんへ連れて行ってくれました。

本場のお店にもかかわらず、私にお花を生けさせてくれるという大サービス。

本職でも無いのに、飾っていただいて本当に感無量です。




見えますでしょうか?


いえいえ、私は習ったことがないのですが、小さい頃にママの横で生花の絵を書いているママの隣で、「絵、私より上手ね」と可愛くないことを思っていたくらいで、ただみて真似ただけです。


生けながら一瞬横切ったのが、”これ、面白い”。


昔は、正座をしながら静かにお花を生けているママをみながら、「何が楽しいのかな?」って思いながらみてたけど、これ、意外に楽しいかもです。


お花は好きだけど、虫は嫌いというちょっと矛盾しているところがある私には、本職でお花を触るのは無理だけど、癒されますね。触っているだけで。


私の、生花記念日の写真、お裾分けです。


スイスへきた際には、是非この心広い裏巻き屋さんへお立ち寄りください。


その帰りには、手伝いに来たのに邪魔をした事件を起こしたのは、まぁ、いつもの私です。



って思いました?


いえいえ、これが私のド短所で、ド長所なのです。